ここから本文です

ベルギーから体験入学 白浜町西富田小学校

7/8(土) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県白浜町才野の西富田小学校に7日、ベルギーからの体験入学生としてアーロン・スロイス君(8)がやって来た。1学期が終わる20日まで、2年生のクラスで過ごす。日本語が話せることもあり、すぐに級友とも打ち解け、教室に笑顔が広がった。

 スロイス君はベルギーの小学校の夏休みを利用し、母親でピアニストの水本桂さん(43)、父親でバイオリニストのエリック・スロイスさん(49)と一緒に来町した。

 水本さんは札幌市出身だが、両親が田辺市下万呂に、弟が白浜町堅田に住んでおり、以前からよく家族で両市町を訪れていた。今回は水本さんがスロイス君に日本の文化や礼儀作法を学んでほしいと、体験入学を決めた。期間中、家族は水本さんの弟宅に滞在する。

 スロイス君は登校初日、体育館で全校児童に紹介され、歓迎を受けた。以前に西富田小の児童らが所属するサッカークラブの練習に参加するなど地域の子どもたちと交流した経緯があり、仲が良い子との再会を喜んだ。

 その後、2年生49人との交流会があり、○×クイズで盛り上がった。みんなで並んで記念撮影もした。

最終更新:7/8(土) 17:01
紀伊民報