ここから本文です

流しそうめん、自作の箸で 川北・橘小6年生

7/8(土) 1:26配信

北國新聞社

 川北町橘小の6年生25人は7日、地元の日本料理店「喜水苑」で流しそうめんを楽しみ、涼を感じ取った。

 同店では、毎年夏場に客に流しそうめんを提供しており、小竹幹春社長が母校への恩返しの気持ちを込め、児童を招待している。児童は中庭に用意された全長約12メートルの台を囲み、そうめんをすくった。

 箸は小竹さんの指導で竹を削った自作で、児童は「いくらでも食べられる」「このそうめん生きてる」などと笑顔をみせた。

北國新聞社

最終更新:7/8(土) 1:26
北國新聞社