ここから本文です

手話、一緒に覚えよう 田鶴浜高生が児童に指導

7/8(土) 1:26配信

北國新聞社

 七尾市山王小の福祉体験出前講座は7日、田鶴浜高で開かれ、4年生59人が同高福祉健康科3年生から手話を習った。生徒と児童は歌詞に合わせて和気あいあいと手話を練習し、視覚障害者への思いやりを深めた。

 山王小からバスでやってきた児童は、田鶴浜高教諭から聴覚障害者が手話や表情で意思を伝えることを教わった。続いて3年生39人が先生役となり、児童に手本を見せながら「ありがとうの花」の手話を教えた。

 講座は市社会福祉協議会の調整で実施された。山王小の山本怜さんは「ちょっと難しかったけど励ましてくれたのでできた」と話した。

北國新聞社

最終更新:7/8(土) 1:26
北國新聞社