ここから本文です

プレミア初昇格のハダースフィールド、デンマーク代表DF獲得

7/8(土) 16:09配信

SOCCER KING

 ハダースフィールド・タウンFCが、FCコペンハーゲンからデンマーク代表DFマティアス・ヨルゲンセンを完全移籍で獲得した。クラブ公式サイトが8日に正式発表した。

 ハダースフィールドは同選手と2020年6月30日までの3年契約を締結した。移籍金は明かされていない。

 ザンカという愛称を持つ27歳の同選手は、2007年にコペンハーゲンに加入し、2012年にはオランダの名門PSVに完全移籍。しかし、同クラブでは出場機会に恵まれず、2014年に古巣コペンハーゲンに復帰していた。コペンハーゲンでは5度のリーグ優勝を経験しており、チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)といったヨーロッパの大会でも50試合以上に出場している。デンマーク代表では11試合に出場した経験を持つ。

 ハダースフィールドのデヴィッドワグナー監督は以下のようにコメントを残した。

「マティアスとの契約は、プレミアリーグでのはじめてのシーズンに向けて準備を進める中で、クラブにとって非常に良い契約。彼は素晴らしい経験を持つ非常に鉄壁のディフェンダーだ。彼の運動能力とサッカー脳は、プレミアリーグで戦う中で大きな力になるだろう。また、彼はとてもプロフェッショナルな選手であり、既にクラブに在籍する選手たちとうまくフィットするだろうね」

SOCCER KING

最終更新:7/8(土) 16:09
SOCCER KING