ここから本文です

C大阪が柏との上位対決を制して首位に返り咲く! 2試合連続の逆転勝利

7/8(土) 21:05配信

SOCCER KING

 2017明治安田生命J1リーグ第18節が7月8日に行われ、セレッソ大阪と柏レイソルが対戦した。

 上位対決となるこの一戦、2位につけるC大阪は山口蛍、ソウザ、杉本健勇らがスタメン入り。対する3位柏レイソルは大谷秀和、クリスティアーノ、大津祐樹らが先発メンバーに名を連ねた。

 最初にチャンスを迎えたのはホームのC大阪。5分、高い位置でボールを奪うと素早く柿谷曜一朗につなぐ。ペナルティエリアに進入すると相手DF2人を切り返しで翻弄し、クロス。杉本が合わせるがボールはわずかにゴール上に外れた。

 柏は20分、クリスティアーノのアウトサイドキックでのクロスに大津が胸トラップ、そのままオーバーヘッドを敢行したが、シュートは枠を捉えられない。

 すると41分、ついに試合が動く。自陣でソウザの突進を止めるとカウンターに持ち込む。クリスティアーノが持ち上がり、アーリークロスを供給。全速力で走ってきた武富孝介にピタリと合わせ、ダイビングヘッド。これがゴール左すみに決まり、アウェイの柏が先制に成功した。

 57分にはクリスティアーノがポスト直撃のシュートを放つなど、後半に入ってもリードする柏が押す展開。しかし61分、コーナーキックの混戦から杉本が蹴り込む。ゴールライン上で大津が必死のディフェンスを見せるがボールはラインを割ってC大阪が試合を振り出しに戻した。

 さらに70分、前節2アシストの水沼が右サイドでフリーになると、中央へ低い弾道のクロスを上げる。走り込んだソウザがきれいに流し込み、ホームのC大阪が前節に続いて逆転に成功した。

 84分には山口、ソウザ、杉本、ソウザとつないでソウザが強烈なミドルシュートを放ったが、GK中村航輔が片手一本でセーブ。追加点は許さない。

 柏は終盤、GKも攻撃参加する猛攻を見せるがC大阪がきっちり守り切り、逆転で上位対決を制して再び首位に返り咲いた。

 次節、C大阪は22日にホームで浦和レッズと、柏レイソルは30日にアウェイでベガルタ仙台と対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 2-1 柏レイソル

【得点者】
0-1 41分 武富孝介(柏レイソル) 
1-1 61分 杉本健勇(セレッソ大阪)
2-1 70分 ソウザ(セレッソ大阪)

SOCCER KING

最終更新:7/8(土) 22:48
SOCCER KING