ここから本文です

移籍市場で苦戦続き?100億円でギニア代表MF獲り報道もリバプール・クロップ監督「忍耐必要」

7/8(土) 11:53配信

ゲキサカ

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が今夏の移籍市場は「忍耐が必要だ」と話している。

 リバプールは今夏、ローマからFWモハメド・サラー、チェルシーから19歳FWドミニク・ソランケを獲得しているが、サウサンプトンのDFフィルジル・ファン・ダイクの獲得が失敗に終わるなど、苦戦も伝えられる。

 現在はライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ(22)を7000万ポンド(約102億円)で獲得しようとしているが、交渉は難しいものになるという。指揮官は公式サイトで次のように話している。

「そうだね、移籍交渉は難しいものになるだろう。これからさらに難しくなっていくかもしれない。特にここイングランドではね」

「だが、ここまでのところは概ね順調に進んでいる。そう見えないのであれば、私たちが裏側でどれだけ尽力したのかを想像してみるといい」

「時には忍耐が必要だ。それが今の私たちが置かれている状況だよ。時が来るのをまって、それからどうなるかをみてみるとしよう」

最終更新:7/20(木) 18:18
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報