ここから本文です

金沢が首位の福岡撃破で4連勝! FW杉浦が4季ぶりゴール含む2得点

7/8(土) 20:01配信

ゲキサカ

[7.8 J2第22節 福岡0-2金沢 レベスタ]

 17位ツエーゲン金沢が敵地で首位アビスパ福岡を2-0で破る大金星を挙げた。FW杉浦恭平はリーグ戦4シーズンぶりのゴールを含む2得点をマーク。金沢は第19節・山口戦(3-2)から続く連勝を4に伸ばした。

 リーグ前半戦を首位で折り返した福岡は、前節の岐阜戦(1-0)からスタメン1人を変更。FWジウシーニョに代わり、FWウィリアン・ポッピが3試合ぶりに先発復帰した。対する金沢のスタメン変更も1人。前節の横浜FC戦(3-2)からDF廣井友信に代わり、DF庄司朋乃也が今季初めて先発に名を連ねた。

 前半は3連勝中の金沢がその強さを見せる。ボールを支配して攻め込むのは福岡だったが、粘り強い守備でしのぎ、隙を突いたカウンターからチャンスを創出。前半20分にはPA左外のFKからキッカーの杉浦が右足で低めのクロスを送ると、ニアになだれ込んだ選手たちをすり抜け、そのままゴール右に吸い込まれる。今季加入の杉浦にとっては、神戸時代の2013年10月20日に行われたJ2第37節・松本戦(7-0)以来、リーグ戦4シーズンぶりの得点となった。

 1点ビハインドで前半を終えた福岡は後半開始からDF實藤友紀を下げ、FW石津大介を投入。これに伴い、3バックから4バックに変更した。後半8分にはその石津がDF岩下敬輔からのロングボールに走り込み、左サイドを抜け出す。ゴールライン際から送ったクロスはゴール前のウィリアン・ポッピにはうまく合わないが、PA内中央でこぼれ球に反応したMF三門雄大がフリーで右足のボレー。しかし、クロスバーの上に飛んでしまった。

 福岡は後半16分、MF松田力に代えてジウシーニョを投入。FWウェリントン、ウィリアン・ポッピ、ジウシーニョのブラジル人トリオの攻撃力を生かし、ゴールを目指す。しかし、同点に追い付けずにいると、同29分にはウィリアン・ポッピを下げてMF城後寿をピッチへ。直後の同30分、三門が右サイドを突破してクロスを上げ、PA内中央のウェリントンが打点の高いヘッドでゴール右を狙うも、GK白井裕人に左手1本ではじき出された。

 その後も再三ゴールを脅かし続けた福岡だったが、後半39分に前掛かりとなった背後を突かれ、カウンターから杉浦に決定的な2点目を献上。0-2でタイムアップとなり、連勝が3で止まるとともに、6試合ぶりの黒星を喫した。

最終更新:7/8(土) 21:59
ゲキサカ