ここから本文です

C大阪の強さ本物!“正式に”12年ぶり首位!!柏に逆転勝ち

7/8(土) 20:58配信

ゲキサカ

[7.8 J1第18節 柏1-2C大阪 金鳥スタ]

 セレッソ大阪がホームで柏レイソルに2-1で逆転勝ちした。C大阪はリーグ戦3連勝&8戦不敗で勝ち点は38。FC東京と引き分けて、勝ち点を37にしか伸ばせなかった鹿島アントラーズをかわして首位に浮上した。

 後半戦の初戦から優勝争いを繰り広げるチーム同士による直接対決が組まれた。勝った方が首位を狙えるだけに、両チームのサポーターも試合前から気合十分の様子で、ピッチ上の選手たちに声援を送っていた。

 先制点は前半41分に生まれた。柏は右サイドからFWクリスティアーノがアーリークロスを上げると、MF武富孝介がダイビングヘッドで合わせる。武富の5試合ぶりとなる今季5点目で、柏が前半を1点リードで折り返した。

 しかし今年のC大阪に強さを感じるのは、先制されても負ける気配がないことだ。そして後半16分に選手の2枚替えを行った直後のプレー、右サイドでCKを獲得すると、混戦をFW杉本健勇が押し込む。MF大津祐樹が懸命にかき出そうとしたが、間に合わなかった。

 そして後半25分、右サイドからMF水沼宏太がクロスを上げると、マークを外したMFソウザが右足で合わせる。C大阪が勢いよく試合をひっくり返した。

 2-1で逆転勝ちしたC大阪は、首位に浮上。前節終了時の暫定首位は、未消化試合を鹿島が勝利したために、12年ぶりの首位浮上はお預けとなっていたが、C大阪は晴れて、2005年以来となるJ1での首位を確定させた。一方の柏は今季2度目の連敗を喫した。

最終更新:7/8(土) 22:37
ゲキサカ