ここから本文です

ポルディ効果!神戸が3発快勝で連敗止める!!仙台は“謝罪”筑波大戦から連敗止まらず

7/8(土) 21:48配信

ゲキサカ

[7.8 J1第18節 神戸3-0仙台 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸がホームでベガルタ仙台に3-0で快勝した。神戸のリーグ戦の連敗は3でストップ。6月4日の札幌戦以来、4戦ぶりの勝利を挙げた。

 ポルディフィーバーに沸く神戸。6日に来日した新加入FWルーカス・ポドルスキが試合前に、同じく新加入のFWハーフナー・マイクとともにあいさつ。登録の関係上、デビューは29日の大宮戦以降となるが、戦力補強に刺激を受けたのか、その前に神戸の選手たちが大爆発を見せた。

 神戸の先制点は前半29分に決まった。「その前に外していたので」。同18分の場面で決定機を外していただけに苦笑いを浮かべたMF三原雅俊だったが、ワントラップでボールを浮かせて相手を外し、ゴール左隅に流し込む見事なシュートを蹴り込み、神戸に先制点をもたらした。

 さらに前半31分にも三原のクロスからチャンスを作ると、合わせたFW小川慶治朗のシュートはポストを叩いたが、跳ね返りをFW渡邉千真が押し込み加点。そして後半20分にはCKをMFニウトンが豪快に頭で合わせて、勝利を決定づける。得点が決まると、スタンドから試合の行方を見守っていたポドルスキも笑顔で拍手を送っていた。

 守っても神戸は、前節5失点を喫した守備陣が奮闘。リーグ戦では4月8日以来、3か月ぶりの無失点に抑えた。三原は「連敗していたので、チーム一つとなってやろうと話していた」と振り返ると、「前半戦は不甲斐ない試合をした。後半戦は連勝を重ねられるよに頑張りたい」と巻き返しを誓った。

 一方の仙台はリーグ3連敗。仙台は3月11日の対戦に続き、リーグ戦のダブルを許した。仙台がJ1で神戸にダブルを許すのは2010年以来で、その時も2試合連続で完封負けを喫している。仙台はこれでリーグ戦の直近3試合で10失点を喫したことになる。また“謝罪動画”が物議を醸した天皇杯2回戦の筑波大戦を含めると、公式戦4連敗となった。 

最終更新:7/8(土) 21:48
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ