ここから本文です

「自分が変えたかった」FC東京MF橋本、“悪い流れ”断ち切る2発!!

7/8(土) 23:56配信

ゲキサカ

[7.8 J1第18節 FC東京2-2鹿島 味スタ]

 3連敗中。そして首位・鹿島をホームに迎えた試合で先制を許した。厳しい状況に追い込まれたチームを救ったのが、下部組織からFC東京で育ったMF橋本拳人だった。

 前半16分に鹿島に先制点を許し、橋本も「早い時間帯の失点はチームを苦しくしてしまうので反省すべき」と話しつつ、「ただ、まずは1点取って逆転しようという雰囲気があったし、今日は失点しても落ち着いたゲーム運びができた」と振り返ったように、まずは前半44分に同点ゴールを奪取する。

 左サイドでDF太田宏介がボールを受けると、逆サイドから中央に走り込んでクロスをヘッドで合わせてゴールを陥れる。さらに、後半開始直後の同2分には勝ち越しゴールを記録。中盤でルーズボールをFW永井謙佑が拾うと、一気に前線へと駆け上がった。

「謙佑くんとウタカで前に運んでくれるので、頑張って走れば絶対にボールは来ると思った。運動量や前に出て行く迫力は自分の持ち味」。永井の縦パスを受けたFWピーター・ウタカが相手選手の注意を引きつけると、逆サイドから走り込んだ橋本がラストパスを右足で流し込み、一時は逆転となるゴールが生まれた。

「チームが苦しい状況を、自分が変えたいと思っていたので、点を決められたのは良かった」

 チームは後半31分に鹿島に追い付かれ、試合は2-2のドローとなったが、連敗は3でストップさせた。「3連敗して順位も中位になっていたけど、誰も諦めていない。鹿島相手にしっかり戦えれば、また上に行けるという思いもあった。勝ちたかったけど、良い戦いができたと思うし、次につながる引き分けだったと思う」と巻き返しを誓った。

最終更新:7/9(日) 1:57
ゲキサカ