ここから本文です

辞任表明の下村都連会長が謝罪 都議会自民が会合

7/8(土) 9:54配信

日刊スポーツ

 都議会自民党は7日、都庁内で惨敗した都議選を総括する会合を、報道陣に非公開で行った。

 出席者によると、選挙中に自身の金銭問題を報じられ、辞任表明した下村博文都連会長が、「申し訳ない」と謝罪。党本部の二階俊博幹事長は「このような結果で残念だが捲土(けんど)重来を期していこう」と呼び掛け、会は約1時間で終了した。都民ファーストの会の候補らに敗れて落選したベテランや、今期で引退する内田茂氏らも出席した。会合後、高島直樹都連幹事長は「(惨敗は)誰のせいでもない」として、執行部の責任を求める声はなかったと述べた。

最終更新:7/8(土) 10:45
日刊スポーツ