ここから本文です

【夏休み2017】約200のプログラム、神奈川県「子どもワクワク体験」

7/9(日) 12:15配信

リセマム

 神奈川県は夏休み期間中、県の施設や学校で「夏休みかながわ子どもワクワク体験」を実施する。体験活動は、「ものづくり体験」や「科学体験」など6つのジャンルに分かれており、幅広い年齢に応じたプログラムが用意されている。

夏休みかながわ子どもワクワク体験「ものづくり体験」(一部)

 県の施設や学校などを利用して行われている「夏休みかながわ子どもワクワク体験」は、子どもたちの「生きる力」を育む体験活動を実施する取組み。約200のプログラムは、「ものづくり体験」「科学体験」「自然体験」「社会体験」「歴史体験」「その他の体験」の6ジャンルに分かれている。

 「ものづくり体験」では、さまざまな形や大きさの枝や木の実を組み合わせて作るネイチャークラフト教室や、職業技術校での実習体験、食の安全を学ぶ「親子料理教室」など53種のプログラムを実施。「科学体験」では、夏の星座を観察する「自然観察会」や、ロボットについて学び課題に挑戦する「ロボットプログラム」など35種のプログラムを行う。

 神奈川県のWebサイトでは、各ジャンルの実施プログラム一覧を掲載しており、内容や開催日時、場所、対象、費用、募集期間、応募方法などを確認できる。

 また、神奈川県生涯学習課は県内の工業高校など10校で、小中学生とその保護者を対象とした「親子ものづくり体験教室」を開催。間伐材を活用した木工製品の制作や音と光の電子工作、七宝焼き体験など、さまざまな分野のものづくりを体験できる。詳細は神奈川県のWebサイトで確認できる。

《リセマム 外岡紘代》

最終更新:7/9(日) 12:15
リセマム