ここから本文です

クリノクーニングがレコードV オルフェーヴル産駒初勝利!/函館新馬

7/9(日) 12:21配信

netkeiba.com

 9日、函館競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・7頭)は、3番手でレースを進めた北村友一騎手騎乗の2番人気クリノクーニング(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線で脚を伸ばして、2番手追走から一旦は先頭に立った1番人気カレンシリエージョ(牝2、栗東・鈴木孝志厩舎)を交わし、これに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒7(良、2歳コースレコード)。

【写真】オルフェーヴルの軌跡を振り返る

 さらに8馬身差の3着に3番人気キョウエイルフィー(牝2、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。

 勝ったクリノクーニングは、父オルフェーヴル、母クリノビスケット、その父パラダイスクリークという血統。今年の新種牡馬である父にとっても、これが産駒のJRA初勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆クリノクーニング(牡2)
騎手:北村友一
厩舎:栗東・須貝尚介
父:オルフェーヴル
母:クリノビスケット
母父:パラダイスクリーク
馬主:栗本博晴
生産者:様似渡辺牧場

最終更新:7/9(日) 13:10
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ