ここから本文です

21世紀の青春こじらせ映画『スウィート17モンスター』発売決定!豪華吹替も収録

7/9(日) 11:00配信

cinemacafe.net

『トランスフォーマー』シリーズのスピンオフ作で女性主人公を演じるといわれているヘイリー・スタインフェルドが主演を務めた、新たな青春こじらせ映画の決定版『スウィート17モンスター』。そのブルーレイ&DVDのリリースが9月6日(水)に決定した。

【写真】『スウィート17モンスター』場面写真

ネイディーンは17歳。キスもまだ経験なしの、イケてない毎日。妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナーや、母親を困らせてばかり。たったひとりの親友クリスタだけが、自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていた天敵の兄ダリアンと彼女が恋に落ちてしまう。この衝撃的な事件により、ネイディーンは父が他界して以来、ずっと取り乱しがちな母や、何故かシンパシーを感じる変わり者の教師ブルーナー、自分とは正反対の誰からも愛される兄ダリアン、何かと声をかけてくれるクラスメイトのアーウィンなど、自分を取り巻く人々へ新たな視点と気持ちを向けざるを得なくなり…。

妄想過多、ときに暴走気味の主人公ネイディーン役には、コーエン兄弟監督の『トゥルー・グリット』で14歳のときにオスカーにノミネートされ、現在は歌手としても活躍するヘイリー。今後、大ヒット青春アカペラコメディの第3弾『Pitch Perfect 3』(原題)や『トランスフォーマー』のスピンオフ『Bumblebee』(原題)など、注目作が目白押しのヘイリーは、自己中心的なのにどこか憎めない17歳像を等身大で好演し、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされた。

また、ネイディーンが通う高校の担任教師役には、『グランド・イリュージョン』シリーズのウディ・ハレルソン、ネイディーンに振り回されっぱなしの母親役には「クローザー」のキーラ・セジウィック、ネイディーンの唯一の親友クリスタは、M・ナイト・シャマラン監督の『スプリット』にも出演していた注目女子ヘイリー・ルー・リチャードソンが演じる。

全米映画批評No.1サイト「Rotten Tomatoes」で驚異のフレッシュ95%を獲得する好評価を受けており、ゴールデン・グローブ賞のノミネートをはじめ、ニューヨーク映画批評家協会賞作品賞ほか賞レースを席巻。思春期を経験した誰もが感じる、初恋の苦しさや友情に亀裂が入ったときの悲しみ、自己愛と自己否定に揺れる心と不釣り合いな身体や環境の変化へのとまどいなどを、女性監督ケリー・フレモン・クレイグがみずみずしく紡ぎ出した。

なお、ブルーレイ&DVDに収録される日本語吹替には、寿美菜子、田中敦子、M・A・O、小林裕介、前野智昭、森田成一ら豪華声優陣が参加しているので、こちらもチェックしてみて。

『スウィート17モンスター』は9月6日(水)よりブルーレイ&DVD発売(※同日レンタル開始)、8月2日(水)よりiTunes独占先行デジタルセル配信、8月9日(水)より順次デジタル配信。

最終更新:7/9(日) 11:00
cinemacafe.net