ここから本文です

「天声人語 2017年7月9日」

7/9(日) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 たとえ軍から依頼された映画であっても、戦争の実相を何とか伝えたい。そう考え、行動した監督が日中戦争のさなかにいた。亀井文夫が1939年に完成させた記録映画「戦ふ兵隊」には、戦火に追われ逃げる中国の人びとが延々と映し出される▼日本軍に火を放たれた家屋があり、破壊された町並みが見える。一方で戦死した兵士に届いた手紙を戦友が読み上げる場面もある。この戦いは「誰の利益にもならない無駄なことなのだ」と、亀井は後に書いている。それを観客がくみ取れる映画にしたかったという(『たたかう映画』)▼しかし映像が当時の人びとの目に触れることはなかった。……本文:1,153文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社