ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「旧式でも12番手はポジティブだ。ポイント獲得のチャンス」

7/9(日) 17:01配信

TopNews

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1オーストリアGP予選を次のように振り返った。

●【マクラーレン・ホンダ】ホンダエンジンの不思議なサウンドを観客席で聞いたヒュルケンベルグ

■フェルナンド・アロンソ
FP3:1分06.599秒(トップとの差 +1.507秒) 20周 15番手
【予選】
Q1:1分06.158秒(オプションタイヤ) 13番手
Q2:1分05.602秒(オプションタイヤ) 12番手

「ポジティブな土曜日だった。今日は最大限のパフォーマンスを引き出せたと感じているよ。自分たちのラップ、結果、および今週末の全体的なパフォーマンスには満足している。

予期せぬエンジン交換があり、今日、旧スペックに戻すことになった。それにもかかわらず、12番グリッドを獲得し、予選を通して競争力があるように感じられたことは、ポジティブに捉えている。チームは状況を改善するために、とても精力的に仕事をしてくれている。レースごとに空力アップデートを持ち込み、可能な限り新スペックのエンジンを投入しているよ。我々が前進していることは確かだ。

信頼性に関してはまだ改善が必要だ。今後2週間以内にさらなる兆しがみえるよう願っている。

明日は12番手からスタートするけれど、好スタートをきるか、いい戦略があれば、ポイント獲得の可能性がある。また、明日は雨の予報も出ている。もし予報が正しければ、我々にとってはさらにチャンスが生まれるだろう。チャンスが巡ってきたときに、それをものにできるよう、十分に準備しておく必要がある」

最終更新:7/9(日) 17:01
TopNews