ここから本文です

IEO国際交流など16法人 企業価値協会、17年下期認定

7/10(月) 8:15配信

SankeiBiz

 企業価値協会(東京都港区)は「2017年下期 企業価値認定式」を行った。中堅・中小企業が持つ特徴的な価値を発見し、将来にわたって価値が持続するようにするのが顕彰の目的。8回目の開催となる今回は16法人に対して新たな認定を行った。

 認定された企業・法人は以下の通り。カッコ内は所在地、事業内容。

 ▽IEO国際交流団体(東京都渋谷区、国際交流支援)▽アイエヌジー(同中野区、プロモーション事業)▽東屋(同墨田区、革小物の製造卸)▽アプリシェイトグループ(大阪市中央区、サービス付き高齢者向け住宅の展開)▽アポロガス(福島市、LPガスの販売や住宅リフォーム)▽井戸屋(神奈川県茅ケ崎市、災害用水洗式マンホールトイレシステムの販売)▽岩松(新潟市北区、割烹・仕出し)▽木の家専門店谷口工務店(滋賀県竜王町、注文住宅)▽佐田(東京都千代田区、オーダースーツの製造販売)▽助成金制度推進センター(京都市中京区、助成金の活用支援)▽ティ・ディ・シー(宮城県利府町、研磨加工)▽中野科学(新潟県燕市、金属表面加工)▽白寿生科学研究所(東京都渋谷区、電位治療器の製造販売)▽バスリエ(千葉県我孫子市、風呂関連用品の企画製造販売)▽パーソナル・グラス・アイックス(福岡県飯塚市、眼鏡販売)▽ロングステイ財団(東京都港区、長期滞在型余暇の普及啓蒙(けいもう))

最終更新:7/10(月) 8:15
SankeiBiz