ここから本文です

安全とにぎわいを祈願 3海水浴場、一斉に海開き―多賀観光協

7/9(日) 9:23配信

伊豆新聞

 熱海市の熱海サンビーチ、長浜、網代温泉の3海水浴場が8日、一斉に海開きした。長浜では多賀観光協会が神事を行い、期間中の安全とにぎわいを祈願した。

【ビーチ特集】白砂が美しい、青く輝く海へ。伊豆半島52ケ所のビーチ情報はここでチェック♪

 来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、同協会などの関係者十数人が順に玉串をささげた。山田哲也同協会長は「長浜海浜公園に大型遊具もできた。海水浴と一緒に楽しんでほしい」と話した。

 3海水浴場とも開設期間は8月27日まで。午前9時~午後5時は監視員が配置される。

 期間中、長浜では熱海海水浴場協同組合が海の家を運営し、多賀の商業組合や料飲組合がパラソルの貸し出しや物販、飲食の出店を行う。同公園の駐車場は午前8時から午後5時まで、有料になる。夜間は同協会が「花火広場」を開く。

 熱海サンビーチでは、市観光協会がビーチパラソルのレンタルを行うほか、今月22日~8月27日に海上遊具を浮かべた「ウオーターパーク」を営業する。

 【写説】海水浴シーズン中の安全とにぎわいを祈願する参列者=長浜海水浴場

最終更新:7/9(日) 14:44
伊豆新聞