ここから本文です

純A級動作にバランス駆動をプラスしたハイレソ対応プレーヤー、Questyle「QP2R」

7/9(日) 6:10配信

ITmedia LifeStyle

 S'NEXT(エスネクスト)は、Questyle Audio Technologyのハイレゾポータブルオーディオプレーヤー「QP2R」を国内販売すると発表した。出荷は7月下旬から8月上旬になる予定で、価格はオープンプライス。店頭では15万9800円前後(税込)になる見込みだ。

フルバランス設計になった

 フルディスクリート構成の純A級動作で話題になった「QP1R」の後継機。デザインは踏襲しつつ一層クリアな音質を実現するため、内部基盤を新設計。しかもフルバランス設計とし、2.5mmバランス出力を備えた。

 さらに据え置き型のアンプに使われている技術を使用した新機能「BIAS(バイアス)コントロールシステム」を装備。「ライブ会場やコンサートホールの熱気をそのまま表現するような高い解像感と、広がりのあるHi-Fiサウンドを体感できる」(エスネクスト)としている。

 内蔵DACは旭化成エレクトロニクスの「AK4490」で、最大384kHz/32bitのPCMおよび11.2MHzまでのDSD再生をサポート。3100mAhのリチウムポリマーバッテリーにより、10時間の連続再生が可能だ。ストレージとして64GBのメモリを内蔵しているほか、microSDカードスロット(200GBまで対応)も備えた。

 本体サイズは、 約65(幅)×134(高さ)×14.5(奥行き)mm。重量は214g。専用USBケーブル、光デジタルケーブルアダプター、キャリングポーチなどが付属する。

最終更新:7/9(日) 6:10
ITmedia LifeStyle