ここから本文です

ストレート型のコンパクトなNokiaスマホ「702NK II」

7/9(日) 6:25配信

ITmedia Mobile

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ボーダフォン(現ソフトバンク)のNokia製「702NK II」です。

【背面の画像】

 702NK IIは、Symbian OSを採用したスマートフォン。WordやExcel、PowerPointなどのオフィスドキュメントを閲覧できるほか、PCで管理している予定表やアドレス帳などのデータを同期できる機能も備えています。

 ボディーはストレート型で、ダイヤルキーを装備。背面には130万画素カメラを、前面にはTVコールでも利用できる30万画素カメラを搭載しています。背面のアウトカメラにはレンズを保護するスライドカバーが付いています。

 この702NK IIと、ドコモの「M1000」、ウィルコムの「W-ZERO3」が発売された2005年から、徐々に日本でも「スマートフォン」が姿を見せ始め、2008年の「iPhone 3G」発売に至ります。702NK IIのような、小型ボディーにダイヤルキーを搭載したストレート型スマートフォンは、今の時代でも一定のニーズがありそうです。

「702NK II」の主な仕様

・発売日:2005年12月17日
・キャリア:ボーダフォン
・メーカー:Nokia
・サイズ:約55(幅)×108(高さ)×21(奥行き)mm
・重量:約133g
・メインディスプレイ:2.1型(176×208ピクセル)TFT液晶 26万色
・アウトカメラ:有効約130万画素CMOS
・インカメラ:有効約30万画素CMOS
・ボディーカラー:ライトブロンズ

最終更新:7/9(日) 6:25
ITmedia Mobile