ここから本文です

(社説)北朝鮮問題―対話への行程表作りを

7/9(日) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 北朝鮮問題は複雑な難問であり、簡単な答えはない。ただひとつ確実なことは、周辺各国が協働する道筋がなければ事態は打開できないという現実だ。
 ドイツであった主要20カ国・地域(G20)会議を機に、日本と米中韓ロの首脳が北朝鮮問題を話しあった。
 大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射直後であり、また、韓国の新大統領にとって初の多国間対話である。周辺各国が意見をすり合わせるうえで時宜にかなった舞台となった。
 各種の会談を通じて浮かび上がったのは、脅威の高まりという認識では一致する一方、その打開策をめぐっては足並みがそろわない現状だ。……本文:1,839文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社