ここから本文です

武藤、交代後すぐに結果出す 親善試合で同点弾

7/9(日) 11:37配信

ISM

 武藤嘉紀が所属するマインツ(ドイツ)は現地時間8日、アレマニア・アーヘン(ドイツ4部)と親善試合に臨み、2対1で勝利。武藤は47分に同点弾を挙げて勝利に貢献した。

 マインツは前半、0対1で劣勢に立たされていたが、新指揮官のシュヴァルツ監督は前半と後半で全メンバーを入れ替えた。武藤はデブラーシスに代わって後半頭から出場すると、いきなり同点弾を挙げた。チームは73分にフィッシャーが加点し、白星を飾った。

 新シーズンに向けた最初のテストマッチで勝利を手にしたシュヴァルツ監督。クラブ公式HP上で「前半はビルドアップの部分でミスが多かったが、後半はよくなったと思う。テンポも上がり、前に行けるようになった」と、ハーフタイム後にチームのパフォーマンスが上がったと語っている。

最終更新:7/9(日) 11:37
ISM