ここから本文です

チリ、外科手術中のサッカー観戦動画が流出? 保健省が調査に乗り出すとの報道も

7/9(日) 15:10配信

ねとらぼ

 チリで6月下旬から、手術中の医師や看護師らがサッカーの試合を観戦しているような動画がSNSやYouTubeに出回り、物議を醸しています。

【画像:医療器具を持ったままピースサインをする執刀医】

 複数の報道によると、動画はチリの大学病院の手術室で撮影されたものといわれており、6月28日に行われたFIFAコンフェデレーションズカップ「チリ 対 ポルトガル」の試合を観戦する医師や看護師などの姿が写っています。

 手術室に設置されたテレビがチリの選手が活躍する様子を伝えると、看護師とみられる男性は「イエーイ」と跳び上がって手をたたき大喜び。さらに執刀中とみられる医師の一人は医療器具を持ったままピースサインを見せるなど、手術中とは思えない異様な光景が広がっています。

 この動画には批判が相次ぎ、地元紙などが「保健省が調査に乗り出す」と報じた他、6月29日には大学病院側が「患者のための尊重や医療行為の基本原則に違反する状況を遺憾に思います」と声明を発表しました。

 動画が本当に手術中に撮影されたものなのか、それともフェイク動画なのかについて、今のところ正式な発表はありませんが、今後も批判が集まりそうです。

画像:YouTubeより

最終更新:7/9(日) 17:54
ねとらぼ