ここから本文です

出場停止処分明けの桃田賢斗、チーム敗退にガックリ

7/9(日) 7:32配信

スポーツ報知

 バドミントンの全日本実業団選手権は8日、秋田市で男女の決勝トーナメントが行われ、違法賭博問題による競技会への無期限出場停止処分から5月に復帰した桃田賢斗(22)のNTT東日本は、準々決勝で日立情報通信エンジニアリングに2―3で敗退。

 桃田は甲谷光(27)を下し、今大会6勝目を挙げたが「チームに勢いを与えるプレーができなかった」。

 桃田は11日開幕のカナダ・オープン(カルガリー)で、1年3か月ぶりに国際大会へ復帰。最高2位まで上がった世界ランクをゼロから積み上げる第一歩になるが「参加させてもらえることに感謝して、全部勝つつもりで臨みたい」と決意した。

最終更新:7/24(月) 19:07
スポーツ報知