ここから本文です

裾野、待望の夏「春の分も」 全国高校野球静岡大会

7/9(日) 8:11配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 春季大会は部員が9人に届かず、出場できなかった裾野。夏の開会式は、4月に入部した1年生11人を含む19人で堂々と入場行進した。

 昨年の秋季大会は10人で戦ったが、その後2人が離脱。春は他の部活動などから助っ人を頼むことをせず、夏に照準を合わせて練習を重ねてきた。「中途半端な状況で出場することはしなかった。1年生が加わり、チームの雰囲気は上がっている」。内藤監督は手応えを口にする。

 苦難の時を経てたどり着いた舞台。目指すのは5年連続の初戦突破だ。「行進ができて本当にうれしい。試合では攻守ともに積極性を失わないようにプレーしたい」と主将の久松。正捕手の1年木元も「出られなかった春の分も合わせて、先輩と長い夏にしたい」と意気込んだ。

静岡新聞社