ここから本文です

浦和R・シルバ、古巣相手に決勝弾!8戦ぶりのゴールに安堵「やっとゆっくり寝られます」

7/9(日) 23:37配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第18節、浦和レッズ対アルビレックス新潟が7月9日に埼玉スタジアム2002で行われた。試合は2-1で浦和が勝利。試合後、浦和のFWラファエル・シルバが得点シーンを振り返った。

第8節の北海道コンサドーレ札幌戦以来、8試合ぶりにゴールを決めたR・シルバ。「いろんな嫌なものが取れたゴールだったと思います。やっとゆっくり寝られます」と安堵の表情を見せた。「今自分たちが置かれている状況というのは、監督さんの(去就についての)話もあり、僕らとしてはやりづらいものがある。こういった結果を出すことができてうれしかったですし、今後浦和レッズらしいチームに戻るための第一歩だと思います」と前向きに語った。

昨季まで所属していた新潟との対戦となったが、「古巣との対戦というよりも、自分たちにとってどれだけ価値のある試合につながるかということ。新潟というチームに対するリスペクトはもちろん、彼らからいただいた愛というのは一生忘れることはないです。だけれども、浦和レッズの人間として自分の力を100パーセント振り絞った結果、こういった形で相手に打ち勝つことができて非常にほっとしました」と感慨深げだった。

GOAL

最終更新:7/9(日) 23:39
GOAL