ここから本文です

NBAハーデン、史上最大6年260億円の契約が成立

7/9(日) 7:18配信

デイリースポーツ

 NBA(北米プロバスケットボール協会)のロケッツが主力のジェームズ・ハーデン(27)と4年の契約延長で合意した。米スポーツ専門局、ESPN電子版によると、4年総額1億6920万ドル(約192億7千万円)で、すでに合意している2年5900万ドル(約67億2千万円)と合わせ、22-23年シーズンまで2億2820万ドル(約259億9千万円)が保証されるという。

 NBAでは今季のリーグ覇者、ウォリアーズのカリーが5年2億1000万ドル(約239億2千万円)で契約延長に合意。史上初の2億ドル選手として大きな話題となったが、ハーデンの総額6年2億2820万ドルはカリーのそれを上回り、史上最大規模の契約となる。

 8年目の今季はリーグ2位の1試合平均29・1得点、同1位の11・2アシスト、8・1リバウンドなどキャリアベストの成績でチームのプレーオフ進出に貢献した。

 今オフのロケッツはクリッパーズとのトレードでリーグ屈指のポイントガード、クリス・ポールの獲得に成功。リーグ屈指のディフェンダー、PJ・タッカーとも4年3200万ドル(約36億5千万円)で合意している。同サイトによると、現在はニックスのカーメロ・アンソニーの獲得に動いているといい、来季に向けて着々とチームづくりを進めている。