ここから本文です

Suchmos、変わっていくことを誓った「F.C.L.S.」発足ライブ

7/9(日) 21:00配信

音楽ナタリー

Suchmosが7月2日に東京・日比谷野外大音楽堂にてワンマンライブ「F.C.L.S. LIVE」を開催した。

【写真】YONCE(Vo)(Photo by Shun Komiyama)(他17枚)

ライブ当日の東京は快晴に恵まれ、絶好の野音日和に。バンドにとって新レーベル「F.C.L.S.」発足後初めてのワンマンライブには多くのファンが集まり、会場は開演前から期待感と熱気で満ちていた。

太陽の光が射し込むステージに現れたメンバーは、まずは「S.G.S.4」をゆったりと演奏。YONCE(Vo)は楽器隊の奏でる音を受け止めるような仕草を見せ、開口一番「Welcome to the 『F.C.L.S. LIVE』!」と叫んだ。彼らはTAIHEI(Key)が弾く軽やかな音色やHSU(B)の生み出すグルーヴが心地よい「YMM」、アーバンなムードが漂う「SEAWEED」をパフォーマンス。YONCEは「Let me see your move」と観客に踊るように促し、ステージ前をクラブ化していく。清涼感たっぷりの「Miree」では、歌詞の一部を「日比谷」に変えて歌いオーディエンスの心をつかんでみせた。さらにバンドは前半のブロックではTAIKING(G)がエッジィなギターを奏で、サイケデリックなサウンドを作り出す「Armstrong」や、KCEE(DJ)がスピンするクールなトラックと、ハードなバンドサウンドが絡む「DUMBO」を届けた。

YONCEは「暑いね。暑いのがちょうどいい」と額に汗を浮かべながら口にし、改めてファンに「F.C.L.S.」の設立を報告。彼の「みんなと一緒に広い海を見に行けたらと思います」という言葉をきっかけに波音が流れ出し「Pacific」がスタートする。6人は夕暮れにぴったりなスローナンバーで観客を酔わせ、ロマンチックなムードを続く「MINT」でも醸し出した。チルアウトタイムとも言えるひとときのあとは、再び観客を踊らせるブロックがスタート。「踊ってるほうがかわいいよ」とYONCEが照れながら観客に呼びかけた「BODY」、ステージ上のメンバーがグルーヴに身を委ねながらパフォーマンスした「TOBACCO」が続いた。

夏らしい気候と緑に囲まれた空間に浸りながら、YONCEは「野音、最高だね。またやりたいね。すぐやろうよ。でもこの一夜はこの日しかない。この景色をたっぷり吸い込んでいってください」と噛み締めるように語る。そして6人は、ヘビーなベースのリフが印象的な新曲「INTRO」で後半戦の幕を開けると「FACE」「WIPER」などを間髪入れずにプレイ。「GAGA」ではYONCEが上着を脱ぎTシャツ姿になると、OK(Dr)が刻むタイトな四つ打ちのビートに乗せてしなやかに踊る。曲の展開と共に楽器隊のプレイにも熱がこもり、躍動感と激しさを増していく。「STAY TUNE」になだれ込むと、オーディエンスのテンションはピークに。観客は体を揺らしながら、YONCEと一緒にシンガロングした。

ダイナミックな「A.G.I.T.」で本編が終わると、すぐさまアンコールを求める拍手が発生。ステージに戻ってきたYONCEは「『F.C.L.S.』立ち上げ成功なんじゃないですか?」と笑い、秋にツアーを行うことを告知する。歓喜に満ちた空気の中でバンドは地元に捧げる1曲として「PINKVIBES」を演奏。開放的なサウンドを夜空に響かせた。

その後、YONCEは口を開き「自分の隣にいる人は、自分の鏡だと思うんです。自分がしたことが返ってくる。だから俺は変わっていく勇気が欲しい。そしてここにいる人たちは、変わっていく勇気が欲しい人たちだと思う。そんなみんなに捧げます」と述べラストナンバー「OVERSTAND」につなげる。楽器隊のメンバーは1音1音を確かめるように楽器を奏で、YONCEはバンドの飛躍を誓うような歌詞を力強く、伸びやかに歌い上げ「F.C.L.S. LIVE」東京公演に幕を下ろした。

Suchmos「F.C.L.S. LIVE」2017年7月2日 日比谷野外大音楽堂 セットリスト
01. S.G.S.4
02. YMM
03. SEAWEED
04. Miree
05. Armstrong
06. Burn
07. DUMBO
08. Pacific
09. MINT
10. BODY
11. TOBACCO
12. INTRO
13. FACE
14. WIPER
15. GAGA
16. SNOOZE
17. STAY TUNE
18. A.G.I.T.
<アンコール>
19. PINKVIBES
10. OVERSTAND

最終更新:7/9(日) 21:00
音楽ナタリー