ここから本文です

日本ハム 西川が五回に先制タイムリー「唇が青くなりました」上沢の力投に応える

7/9(日) 15:31配信

デイリースポーツ

 「日本ハム-ソフトバンク」(9日、札幌ドーム)

 日本ハム・西川遥輝外野手(25)が上沢の力投に応える先制適時打を放った。

 五回1死一塁から市川が投前へバントを決め2死二塁の場面で打席へ。1ボール1ストライクからの3球目。151キロの内角直球を左前へ落とした。二塁走者の石井一が先制のホームを踏んだ。

 「1アウト一塁バントのあとでしたからね。プレッシャーがハンパなかったです。唇が青くなりました。当たりは決してよくなかったんですけど、いいところに飛んでくれてよかったです」と振り返った。