ここから本文です

【仙台】MF茂木、11戦ぶり出場で躍動「もっと泥臭く仕掛けることが必要」

7/9(日) 1:16配信

スポーツ報知

◆明治安田生命Jリーグ J1第18節 神戸3―0仙台(8日・ノエビアスタジアム神戸)

 ベガルタ仙台MF茂木駿佑(20)が、0―2の後半15分から途中出場。左ウィングバック(WB)に入ると、サイドから積極的に攻め上がり、クロスを上げるなど躍動した。

 「負けていたので、左から高い位置を取って、シュートやクロスで関わっていこうと思った」と茂木。チームは完封負けで3連敗を喫し、スタンドの仙台サポーターからはブーイングが起こったが、「茂木、良かったぞ!」と、気持ちの入ったプレーをたたえる声も上がっていた。

 リーグ戦11試合ぶりの出場も、勝利にはつながらず「もうひと工夫がほしかった。もっと泥臭く仕掛けていくことが必要かなと思う」と満足はしていない。

 3年目の今季は、なかなか結果を残せず「紅白戦にも出られない時期があった」と背番号31。この日も、左WBのレギュラーだったルーキーDF永戸勝也(22)が1日のG大阪戦で右くるぶし骨折などの重傷を負い、離脱したために巡ってきたチャンスでもあった。

 茂木は「勝くん(永戸)が戻っても、自分が(レギュラーを)つかむんだという気持ちで練習していきたい」と、さらなるアピールを誓った。

最終更新:7/9(日) 1:42
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1