ここから本文です

【仙台】MF中野「前に進めなかった」リーグ戦初の左WBで先発も見せ場作れず

7/9(日) 1:19配信

スポーツ報知

◆明治安田生命Jリーグ J1第18節 神戸3―0仙台(8日・ノエビアスタジアム神戸)

 ベガルタ仙台MF中野嘉大(24)が、リーグ戦初の左ウィングバック(WB)で先発も、勝利にはつながらなかった。

 左サイドで攻撃の起点となるべく奮闘したが、相手の厳しいマークを受け「フタをされてしまい、前に進めなかった」と反省。左WBのレギュラーだったルーキー永戸勝也(22)が1日のG大阪戦で右くるぶし骨折などの重傷を負い、離脱。中野は「勝利した姿を(永戸に)見せたかった」と唇をかんだ。

 チームは6月25日のホーム・C大阪戦(2●4)、1日のホーム・G大阪戦(2●3)に続いて今季2度目の3連敗となった。「前の2試合は勝てなかったけど、内容は良かった。でも今日に関しては内容も悪かった」と中野。約3週間の中断期間を経て、次戦は30日のホーム・柏戦(午後6時半、ユアスタ)。「仙台にとってサイド(WB)は大事だと思う。自分のところで打開して、チームの光になれるようにしたい」と、決意を新たにしていた。

最終更新:7/9(日) 1:21
スポーツ報知