ここから本文です

パパ寿以輝、ファンに誓う「しっかり治してまた頑張る」

7/9(日) 17:14配信

デイリースポーツ

 ボクシングの元WBC世界バンタム級王者、辰吉丈一郎(47)の次男、寿以輝(20)=大阪帝拳=が9日、大阪市のエル・シアターで行われた興行で、ファンに試合中止を謝罪した。寿以輝は6月末に左肋骨(ろっこつ)を負傷し、この日予定されていたプロ第7戦(8回戦)を中止した。

【写真】妻・優さんも交えて…辰吉家の団らん

 8日に第1子となる長女が誕生したばかりの寿以輝。入院中の妻、優さん(19)を病院に置いて会場入りし、ファンに謝罪したのはメインイベンターとしての責任感だ。吉井寛会長とともにリングに上がり「今日は申し訳ありませんでした。しっかりと(ケガを治して)また頑張りますので、応援よろしくお願いします」と深々と頭を下げた。

 ケガで1カ月の加療、安静を要する状況で、まだ左脇の痛みは消えない。しかし、焦る気持ちを封印し“パパ初陣”となる次戦へ、しっかり気持ちを切り替えた。

 今回、故障を抱えたままで試合に強行出場しようとした寿以輝にストップをかけたのは、父の丈一郎だった。この日も観客席で息子の様子を見守った父は「ケガや子供の出産を経験して、精神的に大人になるんとちゃうかな」と20歳の新米パパにエールを送っていた。