ここから本文です

上宮太子がサヨナラで1回戦突破 高校野球大阪大会

7/9(日) 18:34配信

デイリースポーツ

 「高校野球大阪大会・1回戦、上宮太子6-5鳳」(9日、南港中央)

 優勝候補の一角、上宮太子が、鳳に逆転サヨナラ勝ちで1回戦を突破した。

 2点を追う九回。相手の暴投で1点差とした。敗戦まであとアウト1つとなった2死一、二塁で前田淳志外野手(3年)が、サヨナラ勝ちを決める左越え2点二塁打を放った。前田は人生初のサヨナラ打に「次につなげようという気持ちで緊張はなかった。強気でいった」と声を弾ませた。

 試合はプロ注目のエース・森田輝投手(3年)は、ベンチスタート。先発した尾川洸晟投手(2年)が初回に2点を先制され、流れに乗り損ねた。すると、森田は0-5となった三回1死満塁で日野利久監督に直訴してマウンドへ。エースが5回2/3を無失点の好投で流れを引き戻した。

 上宮太子は昨秋の大阪大会で優勝。同大会の決勝では、今春センバツ準優勝・履正社を破っており、今大会も今春センバツ優勝・大阪桐蔭、履正社と並ぶ優勝候補に挙げられている。