ここから本文です

広島はヤクルトと延長十二回引き分け 九回に代打・新井が小川から同点適時打

7/9(日) 21:46配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト3-3広島」(9日、神宮球場)

 延長十二回、総力戦の末、引き分けた。

 7連敗中のヤクルトは1点リードの九回、小川をマウンドに送ったが、これがまたも誤算。先頭の安部に右前打を許し、犠打で1死二塁とされると、代打・新井に左中間を破る同点の適時二塁打され、延長に入った。

 延長では両軍、走者を出したが決め手に欠け、そのまま引き分けた。両軍合わせて15投手が登板する総力戦となった。

 ヤクルトは五回、植田、坂口の連続適時打で3点を先制したが、結局得点はこの回だけだった。