ここから本文です

阪神・糸原がプロ初のサヨナラ打&本塁打 「決めてやるつもりで打席に入った」

7/9(日) 22:05配信

デイリースポーツ

 「阪神7-6巨人」(9日、甲子園球場)

 阪神の糸原が九回、サヨナラ適時打を放った。3点リードを追いつかれた九回、2死一、二塁でマシソンから中越えの二塁打で試合を決め、チームの連敗を2で止めた。

【写真】阪神新助っ人は人気お笑い芸人にソックリ?本人も「似ているかも」

 五回には右越えにプロ初の本塁打を放つなど、4安打3打点の糸原はサヨナラ打に「やりました。本塁打も打っていたので初球から決めてやるという気持ちで打席に入りました。抜けてくれと願って走りました」と笑顔。

 プロ初本塁打には「やっと出たので、これからも打てるように頑張ります。甲子園で打ったのが最高でした。相手も巨人だったので絶対やってやると思っていた」と振り返った。

 巨人は3点ビハインドの九回、阪神の守護神・ドリスを攻め、無死二、三塁から代打・亀井の2点適時打で1点差とすると、なおも2死一、三塁で坂本勇が三遊間を破る同点適時打を放ったが、最後は2死走者なしからマシソンがつかまった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 15:10