ここから本文です

アマ横綱・矢後、富士東を寄り切り白星スタート

7/9(日) 16:01配信

スポーツ報知

◆大相撲名古屋場所初日 ○矢後(寄り切り)富士東●(9日・愛知県体育館)

 大相撲名古屋場所の初日が9日、愛知県体育館で行われ、東幕下11枚目・矢後(23)=尾車=が東12枚目・富士東(30)=玉ノ井=を寄り切って白星スタートを切った。立ち合いから矢後は得意の左四つで攻めたが、富士東も必死に残した。「一気に持っていくのが理想ですけど、粘られてしまった。最後はスタミナも切れてしまったと振り返った。

 富士東は前頭4枚目まで番付を上げたことのある実力者。激しい攻防の中でも冷静さを失わなかったことが勝因といえる。土俵際に追い詰めた時に体勢を立て直して再びまわしを引きつけた。「ちょっと腰が高かったので。じっくり腰を落として行こうと思って」。最後は得意の左四つから寄り切った。

 前日の8日に23歳の誕生日を迎えた。瀬戸市にある部屋では関係者からケーキを贈られ祝ってもらった。「恩返しが出来ました」。大粒の汗の中からやっと笑顔がのぞいた。

 昨年、アマ横綱を獲得して幕下15枚目格付け出し資格を取得。デビュー場所となった夏場所では5勝2敗の成績を残した。師匠の尾車親方(元大関・琴風)は「1つ負けたからといって終わる訳ではない。焦ることはない。じっくり上がっていけばいい」と話していた。「勝ち越すこと」が矢後の今場所の目標だ。

最終更新:7/9(日) 16:01
スポーツ報知