ここから本文です

【七夕賞】競られた逃げ馬マルターズアポジー11着に沈む…武士沢「これも競馬」

7/9(日) 17:43配信

スポーツ報知

◆第53回七夕賞・G3(9日・芝2000メートル、福島競馬場、良)

 1番人気のゼーヴィント(戸崎圭太騎手)が差し切り勝ち。重賞で3連続2着が続いていたが、昨年のラジオNIKKEI賞以来となる重賞2勝目を挙げた。逃げたマルターズアポジーを3コーナーからかわして先頭に立った5番人気のマイネルフロスト(柴田大知騎手)が3/4馬身差の2着に粘り込んだ。7番人気のソールインパクト(大野拓弥騎手)が3着に入った。2番人気だったマルターズアポジーは11着に敗れた。

 武士沢騎手(マルターズアポジー=11着)「見ての通り、あれだけ競られたら厳しい。これも競馬だから仕方がない」

最終更新:7/9(日) 21:59
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ