ここから本文です

【オリックス】完封で連敗を4で止める…ディクソン7勝目

7/9(日) 20:17配信

スポーツ報知

◆オリックス4―0ロッテ(9日、京セラドーム大阪)

 オリックスが今季5度目の完封勝ちで、連敗を4で止めた。

 先発のブランドン・ディクソン投手(32)が直球とナックルカーブを軸にロッテ打線を手玉に取り、7回を5安打無失点。2回から3回にかけて5者連続三振を奪うなど、今季最多の9奪三振で7勝目を飾った。本来は打たせて取るタイプの助っ人だが「今日は早く追い込むことができたからね。そこからみんな早く振ってくれたんだ」と驚き半分で振り返った。

 3回にはこの日1軍に昇格した吉田正の先制2点打が飛び出し「早く先制してもらえると心強くて、力強い投球ができるよ」と笑み。2年目スラッガーの復帰を歓迎した。

最終更新:7/16(日) 16:15
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報