ここから本文です

【MLB】カージナルス快勝、大活躍のルーキーが2つの球団記録を樹立

7/9(日) 11:34配信

ISM

 セントルイス・カージナルスは現地8日、地元でニューヨーク・メッツと対戦。8番に入ったルーキーのポール・デヨング遊撃手が先制ホーマーを含む4本の長打を記録する大活躍もあり、4対1で勝利を収めた。

 カージナルスは3回、デヨングの8号ソロで先制すると、その後も小刻みに加点。デヨングは第2、第3打席で二塁打を放つと、8回の第4打席でもタイムリー二塁打を放ち、点差を3点に広げた。最後は元阪神タイガースの呉昇桓投手が試合を締めくくった。

 この日放った4安打すべてが長打となったデヨング。ルーキーが1試合4長打をマークするのは球団初で、カージナルスの8番打者が1試合4長打を記録するのもこれが初めて。デヨングは「今日はゾーンに入ってボールがよく見えていたし、考えすぎずにできた」と大活躍の理由を語った。

 23歳のデヨングは今年5月28日にメジャーデビュー。ここまで35試合に出場し、打率.306、8本塁打、19打点の好成績を残している。(STATS-AP)

最終更新:7/9(日) 11:34
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 10:35