ここから本文です

ルーニー、13年ぶりに古巣エバートン復帰

7/9(日) 21:41配信

スポーツ報知

 元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が9日、マンチェスターUから古巣のエバートンに復帰した。マンUとは19年まで契約が残っているが、現地メディアではルーニーの意志を尊重して移籍金を求めないと伝えている。

 ルーニーは04年にエバートンから移籍金2700万ポンドでエバートンからマンチェスターUに移籍。マンUでは559試合出場、253ゴールをマークした。昨季はリーグ戦出場が15試合にとどまり、移籍の噂が出ていた。

 ルーニーはエバートンのユニホームを着て、契約書にサインしている写真をSNSに投稿。「エバートンに戻ることが出来てエキサイティングだ。クーマン監督や仲間たちに会うのが待ちきれないよ」とつづった。

 マンチェスターUはエバートンからベルギー代表FWロメル・ルカク(24)を獲得することが濃厚と見られている。

最終更新:7/9(日) 21:57
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報