ここから本文です

朝乃山、同期で学生時代のライバル豊山破り白星発進

7/10(月) 7:58配信

スポーツ報知

◆大相撲名古屋場所初日 ○朝乃山(寄り倒し)豊山●(9日・愛知県体育館)

 西十両5枚目・朝乃山(23)=高砂=が同期で学生時代のライバルでもある豊山(23)=時津風=を寄り倒しで破り白星発進。「いい相撲でした。初日なので相手も緊張していたし、ボクも緊張しました。攻防のある相撲を取ろうと思っていましたし、じっくり行けたのが良かった」と冷静に振り返った。

 近大から三段目付け出しでデビューしたのが昨年の春場所。最初の対戦相手が東農大から同じ付け出し資格の豊山だった。「あの時の相撲ははっきり覚えています。左上手を取られてしまいましたから」。あれから「(豊山に)早く追いつきたいという気持ちでやってきました」。8場所ぶりのリベンジを果たしてコメントも滑らかだ。

 2場所前には新十両で10勝5敗の成績で優勝決定戦に進出。先場所も8勝7敗。今場所は幕内昇進も夢ではない5枚目に番付を上げた。それでも「勝ち越しが最大の目標です」と謙虚。それが朝乃山なのである。

最終更新:7/10(月) 9:44
スポーツ報知