ここから本文です

【ソフトバンク】首位陥落、7月初黒星

7/10(月) 7:03配信

スポーツ報知

◆日本ハム2―0ソフトバンク(9日・札幌ドーム)

 細かなミスに目をつむり、工藤監督は明るく振る舞った。「チャンスで1本出たら苦労はない。こういう時に割り切って、次」と切り出した。2日ぶりに首位から転げ落ちた。

 攻撃が空転した。4回無死三塁、柳田の浅い左飛で、タッチアップの高田が本塁で憤死。2点を追う9回無死一塁も高田が空振り三振し、ランエンドヒットの形で二塁を狙った明石も刺された。ノーヒットノーラン・リレーを食らった6月14日の巨人戦(東京D)以来、3度目の完封負け。指揮官は「(4回は)ノーアウトで次が4番。次は無理しない、という話を(コーチ陣と)しました。9回は一気に逆転する考えでした」と冷静に振り返った。

 7月初黒星で連勝は6で止まり、日本ハム戦も7連勝でストップ。11日からは楽天と本拠地で2連戦。「楽天だから気合を入れるというわけではない。ウチらしい野球ができればいい勝負ができる」。重要な前半戦の締めくくり。強い姿は、すぐに取り戻す。(長田 亨)

最終更新:7/10(月) 10:50
スポーツ報知