ここから本文です

Da-iCEのリーダー工藤大輝、30歳の節目に写真集を発売「スタッフをその気にさせるまでが一番大変だった」と吐露

7/9(日) 18:58配信

デビュー

 ダンスボーカルグループ「Da-iCE」のリーダー・工藤大輝が9日、東京・HMV&BOOKS TOKYOにて、30歳を記念して作成した『工藤大輝写真集-極光-』の発売記念イベントを開催。

【写真】お気に入りのページを披露する工藤大輝(Da-iCE)

 「30歳の記念に何か形に残しておきたい」と、工藤本人が企画・構想から考え、こだわりぬいて作成したメモリアルBOOKを、自身の30歳の誕生日である6月28日に発売。「企画書を書くというところから始めましたが、会社のスタッフをその気にさせるまでが一番大変でした(笑)」と苦笑いを見せつつ、「『出してもいいんじゃない?』と言ってくれていたものの、実際は半年くらい物事がまったく動かなくて…。このままでは企画で終わってしまうと思ったので、いろんな人に『どうなってますか?』とか聞いたりしてました。一番近しいところを動かすのが難しいなと感じました」と写真集作成までの苦労を吐露。

 また本作の見どころに関しては「普段の自分に近い部分を切り取っていて。着ている服もそうですが、ロケ地も東京に関しては、リアリティを求めて、服屋や飲み屋など自分が普段行く場所を写真に収めています」と告白。

 Da-iCEのなかでも“おしゃれリーダー”と呼ばれている工藤だが、今回の写真集で着用している衣装もすべて本人の私服で、撮影場所との相性を考えぬいたコーディネートもみどころの一つだという。「衣装は完全に自分でやらせてもらったのですが、普段自分が私服で着ている服を使っています。体数も多かったので、そのバランスをとるのが大変でしたけど、場所に合わせていろいろと考えました」とコメント。

 写真集に掲載されている詩と、メイキング映像を収録した特典DVDで流れている楽曲を自ら手がけた工藤。「写真集とはいえ、普通の写真集では面白くないなと思ったので、僕の普段の活動をどれだけ写真集に盛り込めるかということを考えて、写真集には詩を書いて、特典映像のほうに、BGMという形で楽曲を作らせていただきました。それが合わさると歌になるんです」と、写真集の粋な仕掛けを告白。発売記念イベントでは、その楽曲を披露したということで、ファンからの反応について「『メロディがつくと印象が全然違いますね』という声をいただいて、それはすごく嬉しかったです」と笑顔を見せた。

 また、Da-iCEのほかメンバーからの反応に関しては「まだ(写真集を)見てないと思う」と明かし、「見せるのはすごく恥ずかしい」と照れ笑い。そして、「今後やってみたいこと」と聞かれると、「20代は準備というか、アイディアを溜めたりする期間だったので、30代はそれを形にしていきたい」と意気込み、「自分のグループとはほかに、自分がプロデュースするグループを作りたいと思っていて、そんなアイディアを今温めています」と将来のビジョンを語った。

 最後に工藤は「写真集は、Da-iCEの工藤大輝とは全然違う、パーソナルな部分がたくさん詰まっています。そういう部分に触れる機会はあまりないと思うので、ぜひこの機会に触れていただけたらと思います」と呼びかけた。

最終更新:7/9(日) 19:02
デビュー