ここから本文です

「BIGBANG」SOL、海外アーティスト初の日本スタジアムツアー

7/10(月) 7:03配信

スポーツ報知

 韓国の人気グループ「BIGBANG」のメーンボーカル・SOL(29)が9日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで、自身2度目の単独ワールドツアーをスタートさせた。

 海外アーティストの日本スタジアムツアーは史上初めて。自身が作詞・作曲した新曲「SO GOOD」(発売未定)を初披露し、「FANTASTIC BABY」などグループの曲も含めて18曲を熱唱した。終盤には約1分半の花火で夜空を彩った。8日と2日間で5万人を沸かせた。

 最年長メンバーのT.O.P(29)が2月に入隊後、それぞれソロ活動に専念。D―LITE(28)が客席で見守る中、「ステージにいる時に一番メンバーに会いたくなる」と吐露。自身も含めてメンバーは兵役が控えており、「来年は少し長いブランクになるので、少しでも新しい曲を歌っていきたい」と語った。

 SOLの単独ワールドツアーは2年ぶり。国内は8月5、6日のほっともっとフィールド神戸と合わせて4公演。同26、27日の韓国・ソウル公演など、アジアを中心に19都市を巡る。

最終更新:7/10(月) 7:03
スポーツ報知