ここから本文です

松居一代、宮根アナから「1分間ノーカット」提案されていた舞台裏明かす

7/9(日) 23:46配信

スポーツ報知

 俳優で夫の船越英一郎(56)と泥沼離婚劇の渦中にある松居一代(60)が9日、自身のツイッターを更新し、宮根誠司アナ(52)へ同日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー」(日曜)への電話出演を直訴。本番前にフジテレビから電話を受け、宮根アナと話したそうだが、番組側の判断で放送されなかった。

【写真】宮根誠司氏「ヤンキーやないんやから」

 松居は番組の約1時間前にツイッターを更新。「危機に直面しています。私には、今、宮根さんの助けが必要です」と生電話での出演を直訴した。宮根アナは番組内で経緯を視聴者へ向け説明し「当事者の方の一方的な主張を生放送でノーカットで流すというのはお約束できないという番組の判断で放送することはできませんでした。松居さんにもお断りをさせていただきました」と話した。

 松居はその後に再度ツイッターを更新。「実は、ブログが、閉鎖の危機状態です。いつ閉鎖されても…おかしくない状況です。そのことを、みなさんへお伝えしたかったので宮根さんにご連絡をさせて頂きました。本番前、宮根さんありがとうございました」とつづった。同ツイートに添付された動画では、当初、宮根アナから「1分間ノーカットでお電話でお話しさせていただいた分を生放送で放送しましょう」と提案されたものの「ところが…、テレビですね…。実現できませんでした」と放送に至らなかった舞台裏を明かした。

最終更新:7/9(日) 23:53
スポーツ報知