ここから本文です

【GOLF】谷原、2打差の4位に浮上! 松山は22位タイに後退

7/9(日) 8:25配信

ISM

 欧州ツアーのドバイデューティーフリー アイリッシュオープン by ローリーファウンデーションは現地時間8日、北アイルランドのポートスチュワートGCを舞台に第3ラウンドの競技を終了。谷原秀人が6アンダー66で回り、単独4位に浮上した一方、松山は22位タイに後退している。

 4打差の8位タイからスタートした谷原は、ムービングサタデーで大きくスコアを伸ばすことに成功。2番のバーディを皮切りに、14番までに7つのバーディを奪う。しかし、17番パー4で今週2つ目となるボギーを叩き、トータル7バーディ、1ボギーの「66」でホールアウト。通算15アンダーまでスコアを伸ばし、トップと2打差の単独4位とツアー初優勝に向け好位置につけた。

 谷原と同じく8位タイから出た松山は、1番から連続バーディを奪う好スタート。前半で3つスコアを伸ばすことに成功するも、後半は11番でダブルボギー、16番から連続ボギーとスコアメイクに苦しむ。トータル5バーディ、3ボギー、1ダブルボギーのイーブンパー72でラウンドし、通算9アンダー22位タイに順位を下げている。

 一方、リーダーボードの最上段に立つのは、通算17アンダーのジョン・ラーム(スペイン)とダニエル・イム(米)。世界ランキング11位のラームは、11番から4連続バーディを奪うなど、5アンダー67でトップタイに浮上した。

 その他上位陣は、通算16アンダー単独3位にベンジャミン・ヘバート(仏)、通算14アンダー単独5位にジュリアン・クスン(仏)。通算13アンダー6位タイにジャスティン・ローズ(英)、ライアン・フォックス(豪)、オリバー・フィッシャー(英)、スコット・ヘンド(豪)が続く。2週連続のツアー優勝を目指すトミー・フリートウッド(英)は通算11アンダー12位タイとなっている。

最終更新:7/9(日) 8:33
ISM