ここから本文です

【GOLF】C.キム、今季2勝目! 今平は3打差の3位

7/9(日) 17:15配信

ISM

 国内男子ツアーの長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップは9日、北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブを舞台に最終ラウンドの競技を終了。チャン・キム(米)が通算18アンダーまでスコアを伸ばし、逆転優勝を飾っている。

 1打差の2位タイからスタートしたキムは、5番からの5ホールで3バーディを奪い、前半を折り返す。すると14番のバーディで首位タイに立つと、上り2ホールでスコアを伸ばし、ノーボギーの「66」でホールアウト。5月の「~全英への道~ミズノオープン」でツアー初優勝を飾ったキムが今季2勝目を挙げた。

 1打差の単独2位に黄重坤(韓)、通算15アンダー単独3位に今平周吾。今平は3番から3連続バーディを奪うなど一時は単独首位に立つも、惜しくもツアー通算2勝目に手が届かなかった。通算14アンダー4位タイに池田勇太とアンジェロ・キュー(フィリピン)が続く。

 その他上位陣は、ノーボギーの「67」とチャージを見せた賞金ランキングトップの宮里優作は、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、高山忠洋、小田孔明、李尚熹(韓)、小平智とともに通算12アンダー6位タイ。ツアー初優勝に王手をかけていたマーティン・キム(アルゼンチン)は2バーディ、5ボギーの3オーバー75と崩れ通算10アンダー19位タイで大会を後にしている。

最終更新:7/9(日) 17:15
ISM