ここから本文です

復興支援活動を学ぶ 郡山で県チャレンジインターンシップ開講

7/9(日) 9:41配信

福島民報

 県のチャレンジインターンシップ事業の開講式は8日、福島県郡山市のミューカルがくと館で行われ、高校生や大学生が復興支援に携わるNPOの活動や地域の課題を学ぼうと決意した。
 事業はコカ・コーライーストジャパンの共催。開講式には事業に参加する生徒と学生、受け入れ団体のメンバーら約70人が出席した。鶴見宏幸県文化振興課長と秋谷憲和コカ・コーライーストジャパンコミュニティーリレーション部長があいさつした。野地理恵子ふくしま地域活動団体サポートセンターチーフが「ボランティアとNPO」と題して講話した。
 夏休み中、参加者は県内のNPOで子どもの学習支援や仮設住宅支援、風評払拭(ふっしょく)に向けた情報発信などの活動を通じて地域の課題や課題解決の取り組みを学ぶ。
 今年度は県内外から49人が参加し、21の受け入れ先で1週間程度、活動を体験する。

福島民報社

最終更新:7/9(日) 16:07
福島民報