ここから本文です

梁川と福島で猛暑日 8日の県内

7/9(日) 9:57配信

福島民報

 8日の福島県内は高気圧に覆われ気温が上がった。福島地方気象台によると、伊達市梁川町で全国4番目の35・8度を記録したほか、福島市で35・5度となり、最高気温が35度以上の猛暑日となった。
 梁川町と福島市以外では会津若松市で33・5度、郡山市で33・1度、相馬市で30・8度を記録するなど県内22地点で最高気温が30度以上の真夏日となった。
 9日の県内は高気圧に覆われ晴れや曇りとなるが、午後から雨の降るところがある見込み。各地の予想最高気温は福島市と会津若松市で35度、相馬市は31度となっている。同気象台は熱中症に十分な注意を呼び掛けている。

■10人熱中症か

 福島民報社が県内各消防本部から聞き取ったところ、8日午後7時現在、10人が熱中症の疑いで救急搬送された。3人が中等症、6人が軽症、1人については詳しい症状が不明だった。
 60代以上は7人で、このうち福島市の80代女性は自宅で倒れたという。
 各消防本部は9日も高温になる見込みのため、小まめな水分補給と適度な冷房設備の使用を呼び掛けている。

福島民報社

最終更新:7/9(日) 16:04
福島民報