ここから本文です

番狂わせ 杉田破った世界51位がモンフィス下し16強へ<男子テニス>

7/9(日) 0:34配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は8日、男子シングルス3回戦が行われ、2回戦で杉田祐一を破った世界ランク51位のA・マナリノ(フランス)が第15シードのG・モンフィス(フランス)を7-6 (7-3), 4-6, 5-7, 6-3, 6-2のフルセットで下す番狂わせを起こし、4年ぶり2度目のベスト16進出を果たした。

【ウィンブルドン対戦表】

この日、第3セットでセットポイントを握ったマナリノだったが、モンフィスにサービスエースを決められてセットカウント1-2とリードを許す。

しかし、粘りのテニスが持ち味のマナリノは第4セットを奪うと、ファイナルセットでは2度のブレークに成功し、3時間30分の激闘を制した。

4回戦では、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)とE・ガルビス(ラトビア)の勝者と対戦する。

29歳のマナリノは前哨戦のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)決勝で杉田に敗れツアー初優勝を逃したが、今大会では快進撃を続けている。

tennis365.net

最終更新:7/9(日) 0:34
tennis365.net